給料はいくらくらい?

平均としては月給18万円前後、時給1,000円前後となっています。
これらはもちろん就職先や経験によっても変わってきます。

 

上記の金額は一般的な医療事務の資格保持者の初任給としての平均です。
医療事務の試験として最高難度で公的資格の、診療報酬請求事務能力認定試験の合格者の場合、実務経験がなかったとしても優遇される職場が多い。
診療報酬請求事務能力認定試験に合格し、さらに実務経験を積んでいけば医療事務として最高クラスの収入を得られるようになります。
それは例えパートであっても同じで、時給1,800円以上となることも珍しくありません。

就職先は?

総合病院や個人医院が中心ですが、調剤薬局などでも医療事務の求人は見かけます。
経験者のみ対象と言う求人が多いのは事実ですが、無資格、未経験者OKの求人もないわけではありません。
しかし、こういった求人先であっても有資格者、経験者が有利なのは間違いないこと。
少なくとも資格は取っておくべきでしょう。
診療報酬請求事務能力認定試験に合格することが理想です。

試験の難易度は?

医療事務の資格は多くの種類があり、難易度も様々。
合格保証が付いている通信講座があったり、在宅受験可能な資格もあり、その合格率は100%となります。
そういった資格については、簡単であると言って良いでしょう。

 

医療事務の資格の中でも最高難度とされる、診療報酬請求事務能力認定試験では合格率は30%前後となっています。
当サイトでも繰り返しお伝えしていますが、合格者は就職においてとても有利になるので、医療事務の資格を取るのであれば診療報酬請求事務能力認定試験を目指しましょう。

シングルマザーにオススメのワケ

何といっても資格の取りやすいこと。
たのまなで合格保証付きの通信講座を利用すれば、確実に資格が取れます。
ただしそう言った資格が就職に有利になることはあまり期待できません。
とにかく何でも良いから資格が欲しい!と言った時に有効です。

 

もちろん、診療報酬請求事務能力認定試験に合格すれば就職でもとても強いアピールになります。
実務経験なしでも給料面で優遇されるほどの資格と言えば、その威力もよくわかることでしょう。

 

それに、医療事務の求人は常に豊富に出されています。
例えば子供が小さいうちはパートとして個人医院などで経験を積んで、ある程度手がかからなくなってきたら経験者として総合病院への転職を目指すと言ったことも可能。
子育てをしながらのキャリアプランを練りやすいのも魅力ですね。