給料はいくらくらい?

月給18万円前後、時給900円前後が平均とされています。
正社員、契約社員といった求人は稀ですが、その場合の月給は20万円以上が多い。
どちらかと言えばパートの求人が多く、経験や保持資格によって時給は大きく変わります。

 

介護事務として働く上でプラスになる資格は、主に介護福祉士やケアマネージャーなど。
ただ、これらの資格を保持しているのであれば一般的に介護事務よりも給料の高い職種なので、あえて介護事務として就職するメリットはないと言えます。
どちらかと言えば介護福祉士やケアマネージャーとして就職し、介護事務を兼任することが多いでしょう。

就職先は?

在宅介護サービス事業所や訪問介護ステーションと言った介護施設を始め、病院なども求人が出ています。
高齢化社会となっている日本において、介護施設は今後も増えていくことが予想されている中、介護事務の求人も増えていくでしょう。

試験の難易度は?

介護事務の資格にはいくつかの種類があり、それぞれ合格率に差があります。
低いもので50%ほど、高いもので70%ほどとなり、特別難しい試験ではないと言えます。

シングルマザーにオススメのワケ

例えば、両親の援助を受けながら子育てをしている場合。
子供が小さいうちは離れて生活しているかもしれませんが、大きくなり、両親も高齢になってきた頃に介護のために実家に戻らなければならなくなるかもしれません。
そういった場合に、介護事務の資格取得で身に付けた知識があれば、介護施設の利用などもスムーズに行えます。
自身が働いている介護施設に両親を入所させることができれば、より安心。
あるいは両親の介護を通じて経験を積むことで、介護福祉士と言った資格へのステップアップにも繋がるでしょう。
たのまなでは、介護事務からのステップアップにオススメの介護福祉士やケアマネージャーの通信講座も人気です。